FC2ブログ

記事一覧

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

Miracle Night【好きなアイマス曲を語る 2回目】

まさか続くとは思ってなかった企画、「好きなアイマス曲を語る」。

いや、書きたい曲がないわけじゃないんですけどね、1回目の微笑み日和で割と考察したり、ゆうちゃの心情重ねたりしたから、2回目以降を「可愛い!」「オシャレ!」「カッコイイ!」で終わらせたくないと思ってて。楽しみにしてた人(居るのか?)にはごめんなさい。




ところで、先日プロデューサーミーティングが開催されましたね。僕は1日目LVだけでしたが大層幸せな思い出が出来たので、ここに書くつもりだったのですが、なんかAmebaにうまくログインできなくて気がついたらタイミング逃してました。レポートは鮮度が命なんで。

なのでライブレポに変わってこの企画でお茶を濁そうと。






それじゃ今回語りたい曲「Miracle Night」改めて聴いてください。


とてもいいジャケットですね。

デレでは「Hotel moonside」とかでお馴染みのスリムクリアアイズ井上拓さんの曲です。
EDMが市民権を得てきて、イノタクさんの活躍も目立つようになってきた気がします。

ただ、正直な所このMiracle Night、最初はあんまティンとこなかったんすよ。「なんか曲先行しすぎ」「歌詞ちょっと安直すぎないかな」「音が重すぎてアイドル潰れてる」みたいな初見の感想。
イノタクさんだと王道を征くPon De Beach一択でした。

だからプロミまではこの曲あんまり聴いてなかったんですよ。

そして迎えたプロミ当日。あずみんの太ももがヤバイ。トークも朗読劇も、最初観たかったのとは違ったけど結果は大満足でした。あずみんのショーパンとニーハイがヤバイ。その後待望のライブパート。Dazzling Worldも大好きな曲なんで一回途中まで記事書いてたんですけど、僕DS未プレイなんでまだこの曲を語るに達してないと思い途中でやめてます。あずみんの筋肉がヤバイ。





んで、今回の本題、Miracle Night。前述の通りあんまり聴いてなかったのでイントロ聴いて曲思い出すのにちょっとかかって。「Oh....」辺りでようやくピンときた気がします。

 するとなんということでしょう、演者さんの存在感がすごい。11年目の貫禄は伊達じゃない…だけじゃくて、Aメロは語りに近いから一言一言がビシビシ来るんですよね。だから歌詞に引き込まれる。


「星に綴る願い事は この夜全部叶うよ 空も飛べるよ」

俺(今、正にアイマスの進化が叶ってるんだよなぁ…。)



「はりぼてみたいな宇宙船だけど どこまででもきっと連れていくよ」

俺(いつまでもどこまでまでまでもついていけるんだよなぁ…。)
ちなみにこの時カウントダウンのコールミスって予習不足を痛感してました




そしていくぞいくぞいくぞ…
会場「Fuuuuuuu!!!!」

「今が未来さ!」
俺(うおおおおおおおおお!!!!!!!!!)

個人的に「今」みたいな歌詞(ミリオンのDreaming!!!とか)に弱いんでもう高まる高まる。もう最高にこれぞFUN TO THE NEW VISIONですよ。

それからアイマス曲では珍しくサビ前にボーカルが止まるんですよね。ここでハンズアップするんですよ!リウムバルログで!ハンズアップ!楽しい!すごい!周りの席ほとんど地蔵だったのに!楽しい!楽しい勢いのままぁぁっぁぁ
会場「Fuuuuuuuu!!!!!!!!!!!」

すごい。気持ちいい。そこに居ればわかるけど、普通に聴くだけじゃ絶対に味わえない感覚。


「始まるよ さあ 星たちのマーチ」
会場「OHH OH OH!!!!」
ここもミスってめちゃ悔しかった

「この夜空に この夜空に」
会場「OHH OH OH!!!!」

このOHもすごいんですよ。えりりんのフリと合わせてリウムを横振りするんだよ。そしたら周りのリウムも横に揺れて。

「物語が終わる前に ハリーアップ ハリーアップ ハリーアップ」

「君と」
会場「OHH OH OH!!!!」

「踊りたいんだ」
会場「OHH OH OH!!!!」

「笑いたいんだ」


すごくない?俺たち踊ってて楽しいのにステージの上も「踊りたいんだ」って言ってくれるんだよ?幸せでしょ?夢みたいでしょ?


「夢じゃないんだよね
   夢じゃないんだ
   夢じゃないんだ!」

夢じゃねえええええええええええええええええええええええ

「夢じゃない!
  このミラクルナイト!
  このミラクルナイト!
  このミラクルナイト!」

今夜はミラクルナイトだああああああああああああ

「君がいるんだ
   君がいるんだ!」

俺たちいるぞおおおおお

「夢じゃない!
  このミラクルナイト!
  このミラクルナイト!
  このミラクルナイト!」

「繋いだ手を離さない
  このミラクルナイト
  このミラクルナイト」


プロミではこんな感じで高まってたけど、改めて冷静になって論述してみます。

まず最初に赤斜体で書いた
「夢じゃないんだよね
    夢じゃないんだ
    夢じゃないんだ!」
これ、夢じゃないって事をだんだん実感していく様子、これを直に感じられるですよ。ただ「夢じゃないんだ」って3回言ってるようにみせて全部違ったレベルの感情を持ってるんですね。ドラムも徐々に速く刻んで鼓動を高めてきます。

そして夢じゃないことを確信してからの
「このミラクルナイト!」
ですよ。最高の気分でしたよ。今、自分が最高の感情という事がハッキリわかるって素晴らしいですよ。後から思い返して幸せだったってなるよりも素晴らしいです。

「君がいるんだ
   君がいるんだ!」
さっきと同じ様に感情のレベルを徐々にあげてって、お互いの存在を確かめ合う。もう存在していることが幸せですよ。

「繋いだ手を離さない
   このミラクルナイト
   このミラクルナイト」
ここの「ミラクルナイト」には「!」がついていないんですよね。理由は推測でしかないですが、「夢じゃない!」が確認とかで、対して「繋いだ手を離さない」というのは「約束」だから、約束に「!」つけられたら結ばれる側ちょっとビビるし。って所でしょうか?

ちなみに「夢じゃない!」から先のサビ、みんな「このミラクルナイト!(⤵︎)」って感じで最後下げて歌ってるのに、春香は「このミラクルナイト!(⤴︎)」って上げて歌ってます。可愛い。









日本語書くのに疲れた。2番以降の記憶はぶっちゃけ飛んでるのもあるから、ここからは特に好きな所を。


「呼吸だけが 時を刻む」
の後に(多分真?)のブレスが入ってる所。さっきの「夢じゃないんだよね」とか「君がいるんだ」とか、この曲で真はかなり心情表現するのに重要な部分を担ってますね。レジスタンスと間違えたんじゃないって。


「さあ進もう 歌をうたって 調子外れで構わないぜ」
これを春香がソロで歌ってるんですよね。今でこそステキハピネスみたいな難しい曲だって歌いこなす春香ですが、無印の太陽のジェラシーとかがズコーなのはご存知かと。春香は続けて
「飛び切り派手で ハッピーな メッセージ
   撒き散らして くしゃくしゃの 笑顔で」
と歌います。これぞまさにアイドルでしょう!?
劇場版の可奈も歌は下手だけどアイドル(春香)に憧れてアイドルになって。アイマスの大きなテーマですよ。



本当に、プロミで聴いた後で印象がガラッと変わりました。多分皆さんも変わる。M@STERPIECEとかも言えるんですけど、強い場面で聴かないと真価を発揮しきれない曲なのかもしれない。ありがとうスリムクリアアイズ。











ところで、この曲EDMゴリゴリサウンドでできてるけど、スっごくアイドルソングかなって。というか今、サウンド的な意味でアイドルソングという枠がぶっ壊れてると思うんです。A応Pとかi☆Risみたいなアニメ文化と共生しているアイドル、バンドじゃないもんみたいな攻撃的なアイドルもいます。ボカロなんかも広義のアイドルでしょうか。今、新しいアイドルらしさが生まれてて、今の所はアイマスはそれを上手い事手に入れていると思います。ですが、そこを外れた展開が大きくなると、少なくとも「アイドル」マスターという作品の魅力は無くなって、キャラクターが歌って踊って女の子同士イチャイチャするかどこぞの野郎とくっつくってだけのコンテンツに成り下がっても仕方ないです。自分はそれが一番怖い。
スポンサーサイト

コメント

コメントの投稿

非公開コメント

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。